新商品リリースしました

約1年前に大山で撮影した写真をモチーフにした缶マグネットを発売開始しましたが、それに続く大山シリーズは、私がデザインしたシンプルな絵柄の缶バッジです。
缶マグネットはもともとインバウンド客を想定して、マグネット収集家のために(笑)企画したものですが、コロナ禍で、インバウンド需要が極端に減っていて、売り上げも多からず、少なからずというペース(期待したよりスローペースという意味ですね)で推移しています。
そんな中、販売店さんから、「お客さんから缶バッジはないの?」とよく言われるということだったので、そうか、缶バッジか…、商品を企画してみる?と単純に発想したのでした。
いや、しかし待てよ。缶バッジはどうしても粗品でもらうというイメージ?? 販売品になる?何か付加価値をつけたら購入していただけるかな?

試行錯誤の上、写真をモチーフを封印して、私自らデザインを起こした、きわめてシンプルでわかりやすく、インバウンドよりむしろ登山や山歩きの人たちのお土産として企画製造したのが、「大山蓄光缶バッジ」2種です。

だいたい想像がつくとは思うのですが、蓄光フィルムがプレスしてあって、白地のところは暗闇で緑色で浮き上がるという仕掛けです。しかも58㎜経の中~大判。
価格は450円(税別)です。

大山蓄光缶バッジ
大山と「星取県 鳥取」をイメージした絵柄です
大山蓄光缶バッジ(暗いところ)
暗いところで怪しげに光る( *´艸`)

以前大山御来光の写真を提供いただいたOさんに、お礼かたがた、出来立てほやほやの缶バッジをひとつプレゼントしました。
早速リュックにつけていただき、御来光登山にもお供してもらいました。ほどよい大きさと蓄光の光が存在感あってよいとの感想をいただきましたよ。

現在、大山寺参道の「大山参道市場」と「豪円湯院1F売店」、およびArtstyle Museum Shopでのネット販売をしています。
緊急事態宣言発令中から、売れ行きは缶マグネットを超えていましたが、9月のシルバーウィークや週末は一段と売れ行きがアップしていました。これから秋の行楽、登山シーズンに向けても期待したいところ。もう早速蓄光缶バッジ第二弾の企画が始まっています。今度は大山スキーバージョン?

緊急事態宣言も解除されましたので、感染対策はとりながら、おいしい空気を吸いに、皆様大山へお越しください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA